MENU

抜け毛を抑える!減らすのではなく防ぐ方法!


抜け毛を抑える方法はあります。適切な方法を実践すれば抜け毛を減らしたり防ぐだけでなくて、頭皮環境が改善され育毛効果が出てきます。
育毛とは抜け毛防止だけでなく、細くなり抜けそうな髪の毛を太く丈夫にしたり、頭皮環境を改善させる事です。

 

 

そして育毛を実践して頭皮環境が最善な状態になれば抜け毛部分からの「発毛」も期待出来ます。
最終目標は抜け毛を減らす事や抑える事ではなくて、「育毛」「発毛」を目指して一緒に頑張りましょう!^^。

 

 

男性の育毛商品のランキング 女性の育毛商品のランキング

 

 

 

男女別に抜け毛の原因がある


抜け毛の原因には様々な原因があります。抜け毛は1つだけの原因で生じるものではなく、複数の原因が絡み合う事で発症します。
男性と女性とで同じ原因の部分もあれば、男性のみの原因や女性のみの原因もあります。

 

 

抜け毛を抑える対策をする前に自分の抜け毛や薄毛の原因を大まかにで良いですから予想する事も大事な事です。
何個かの原因が当てはまるようならその原因の改善を中心に全体的に抜け毛を抑える対策、また、抑えるだけでなく育毛対策も実施して細い髪の毛を太く、抜毛部分からの発毛も期待する形で実践しましょう^^。

 

男女共に抜け毛の原因で共通する原因を大きく分けると以下のようになります。

男女共通の抜け毛の主な原因

頭皮が弱いのに刺激が強いシャンプー(通常の市販シャンプー)を使っている
ストレス・睡眠不足・栄養不足が長期化している
パーマやカラーリングを長期間続けている
なんらかの理由で血行不良の状態になっている

 

また、男性のみの原因と女性のみの原因では以下のようにホルモン関係に分かれます。

男性のみの原因

抜け毛促進ホルモンが生成される

男性のみにある抜け毛の原因は抜け毛促進のホルモンが生成されてしまう事です。このホルモンは「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンで毛根にある還元酵素である「5αリダクターゼ」と通常の男性ホルモン「テストステロン」が結びついて生成されてしまいます。

 

 

頭頂部や前頭部を中心に薄毛にする男性ホルモンです。この男性ホルモン対策として現在ではこの「ジヒドロテストステロン」を抑制する成分や「テストステロン」と結びつく前に還元酵素「5αリダクターゼ」を阻害させる働きを持つ成分などが対策成分になっています。

 

女性のみの原因

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンが低下すると相対的に男性ホルモンの比率が高くなり抜け毛や薄毛を促進します。
女性ホルモンの「エストロゲン」は特に髪の毛の成長と深く関係していますのでこのホルモンの低下は髪の毛の成長を抑制してしまいます。
髪の毛の成長が抑制される事で髪の毛が細くなり、次第に抜け落ちてしまいます。

 

 

また、女性の妊娠で生じる抜け毛は「プロゲステロン」と呼ばれるホルモンが低下する影響です。このホルモンも髪の毛の生成に役立つホルモンですが、妊娠すると赤ちゃんに保持していた栄養を奪われる為に「プロゲステロン」が低下して抜け毛が一気に増えます。
この場合は妊娠という一時的な現象なので出産後だんだんと改善されていきます。

 

 

以上のような男女共用の原因と男女別の原因の何個かが重なる事で抜け毛が発生します。ただ言える事が「抜け毛は1つだけの原因に特定されない」ので複数ある原因のうちそのいくつかを防げば抜け毛は防ぐ事が出来るのです。その原因を改善する事で頭皮環境も改善されて最善な状態の頭皮環境に戻る事が出来れば「発毛」も期待する事が出来るのです。

 

詳細は「男性の抜け毛の原因ページ」、「女性の抜け毛の原因ページ」を参考にしてください。

 

 

まだ抜け毛が増えていない人は「予防」が出来る


当サイトは「抜け毛を抑える方法」を記載していますが、まだ多くの抜け毛が発生している状態ではなくて予防をしたいと言う人も「抜け毛を抑える方法」や「育毛・発毛方法」とやるべき事は変わりません。この予防をする状態の時は多くの抜け毛が発生していない状態の為に原因を予想するのは難しいです。

 

 

予防の方法としては抜け毛になる原因を全体的に回避できるような私生活を送れば良いのです。
睡眠をきちんと取り、出来るだけストレスを溜めない事(発散方法を考える)、食事は偏る事なくバランス的に摂取する事は当然の事で1番のポイントはシャンプー選びとシャンプー方法だと思います。

 

 

頭皮に悪影響を与える刺激が強いシャンプーや刺激が強いカラーリング・パーマ、また間違った洗い方などをこの段階で除外出来れば抜け毛は自然と減っていきます。
完全な予防も出来ますのでこの段階の人はまずは「予防」を意識して実践してみてください^^。
男女別の抜け毛の予防の詳細については「男性の抜け毛予防ページ」また、「女性の抜け毛予防ページ」を参考にしてください^^。

 

すでに抜け毛が発生している人は男女別に対策が必要


すでに抜け毛が気になるくらいに発生している場合は「抜け毛を抑える対策」「育毛・発毛対策」が必要です。
抜け毛を対策するには大きく2つの対策に分ける事が出来ます。それは病院での対策方法と市販商品での対策方法です。

 

 

@病院に通う方法


抜け毛を抑えたり、育毛方法を実践する上で知っておきたい事の1つが病院でも対策が出来ると言う事です。
病院の場合は男性ならAGA(男性型脱毛症)がメインで女性ならホルモンバランスの乱れの改善がメインになると思います^^。

 

 

一見病院のほうが育毛商品を使うよりも医学なので専門的だと思えるのですが、病院も育毛商品も効果があったと言える評価もあれば全くの効果無しの評価も多いのが事実です。
病院の中でもより専門の「AGA(男性型脱毛症)外来」、「薄毛外来」などがあればある程度期待を持てますが皮膚科としての医者で薄毛はその脇役的に施術しているような病院なら自分で育毛商品にて抜け毛対策をしたほうがベストな選択になります。

 

 

 

また、病院での抜け毛治療が男女共に人気が無い理由は健康保険適用外である事で総額すると高額な費用が必要な事と定期的に通うことになるので時間が必要であると言う事です。
特に通う回数については月2回程度通い、その都度頭皮検査などをする為に数年通うだけで莫大なお金がかかる可能性があります。

 

 

もちろん抜け毛を専門に扱い実績が多い医者もいます。そして抜け毛対策の病院は先生によって施術方法が違うという点もあり、育毛商品選びと同じでどの先生を選ぶか、どの病院を選ぶかでも効果は変わってくるのが現状です。病院での抜け毛治療や育毛・発毛方法の詳細については「皮膚科で抜け毛対策!ページ」を参考にしてください。

 

 

 

A育毛商品を使う方法


オーソドックスで手っ取り早い抜け毛を抑える対策や育毛・発毛対策として挙げる事が出来るのが「育毛商品」を使う事です。
病院に毎回通う必要も無いし、病院の保険外の費用ほど高額にもなりません。

 

 

庶民が簡単に始められる抜け毛対策はやはり「育毛商品を使った育毛方法」がベストです。
間違えてはいけない事としては、男性、女性別に抜け毛の原因が違う点がある事からその対策商品もまた男性用と女性用、また男女兼用があります。
男性用の育毛系商品を女性が使ってもそれは男性の為に作られた育毛商品なので効果が半減してしまうか全く効果がない状態になります。

 

育毛商品は男女兼用を使うか、男性なら男性用、女性なら女性用を使う事を守ってくださいね^^。

 

 

始めて抜け毛対策、育毛方法を実践するなら「育毛剤」を使用する事がベストです^^。1番即効性が高いので目で確認する事も出来るからです。
さらに頭皮環境が悪化しているか健全ではないと感じるなら頭皮環境を健全にする為の「育毛シャンプー」も必須です^^。

 

 

この2点で「抜け毛を抑える対策」、「育毛対策」は充分です。さらに「発毛」までを期待したり、完璧なる「育毛」を目指すなら育毛効果を促進する「育毛サプリメント」などを摂取して内側からも育毛対策すると申し分ないです^^。

 

 

男性育毛商品ランキング


以下男性の育毛商品(男女兼用商品含む)ランキングです。
※ランキング元は大手美容サイト、大手口コミサイトを合わせた総評です。
※1位と2位で差があった場合は1位のみの商品を掲載しています。

 

育毛剤(男性)ランキング

チャップアップ(CHAPUP)育毛剤

男性のみならず女性も使用が出来て、さらに20代から60代まで幅広く使用出来る画期的な育毛剤です。

 

  • 返金保証あり
  • サポート体制が充実
  • 定期購入でも1回目から解約可能
  • 男女使用可能

 

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

ブブカ(BUBKA)育毛剤

医薬品のミノキシジル成分と同等効果がある「M−034」が凝縮配合されている画期的育毛剤。
また、抜毛を促進させるホルモンを間接的に抑制する「オウゴンエキス」を凝縮配合しています。

 

  • M−034凝縮配合に成功
  • AGA(男性型脱毛症)改善目的
  • 男性ホルモン抑制成分配合

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

 

育毛シャンプー(男性)ランキング

リマーユスカルプシャンプー

アミノ酸系シャンプー+馬油が持つ「不飽和脂肪酸」の効果で浸透率が大幅アップしました。
通常のアミノ酸系シャンプー+馬油成分+育毛成分配合の画期的育毛シャンプー

 

  • アミノ酸系シャンプー
  • 馬油の「不飽和脂肪酸」が頭皮の奥まで浸透させる
  • パラベン、着色料、合成香料完全無添加達成

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

 

育毛サプリメント(男性)ランキング

フェルサ育毛サプリメント

話題のノコギリヤシエキスとミレットエキスを凝縮配合した男性用育毛サプリメントです。
髪の毛を太くする育毛に重きを置いて作られたサプリメントです。

 

  • ノコギリヤシエキス配合
  • ミレットエキス配合
  • 髪の毛の栄養成分配合
  • 育毛促進成分配合

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

女性育毛商品ランキング


以下女性の育毛商品(男女兼用商品含む)ランキングです。
※ランキング元は大手美容サイト、大手口コミサイトを合わせた総評です。
※1位と2位で差があった場合は1位のみの商品を掲載しています。

 

 

育毛剤(女性)ランキング

ベルタ育毛剤

今まで育毛剤では無かった「無添加ナノ育毛剤」を作り上げたのがベルタ育毛剤です。
使用感やデザインも魅力的で、マスコミなどで魔法の美容液とも言われた女性用育毛剤です。

 

  • 育毛系成分全56種類を配合
  • 90日間の全額返金保証がある
  • 商品開発スタッフによる安心のサポート付き

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

マイナチュレ育毛剤

女性の為に作られた育毛剤です。長く使うから無添加を徹底的に追及して作られました。

 

  • 90日間の長期全額返金制度あり
  • 人気マイナチュレの女性用育毛剤

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

チャップアップ育毛剤

女性でも男性でも使用できる育毛剤。夫婦で使うもあり、家族で使うもありです。

 

 

  • 返金保証あり
  • 女性も男性も使える
  • 20代から60代までと使用幅が広い

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

育毛シャンプー(女性)ランキング

マイナチュレ育毛シャンプー

女性の為に作られたアミノ酸系シャンプーの育毛シャンプーです。汚れを取るだけでなく、様々な頭皮ケア成分も配合しています。
無添加でノンシリコンなのに使用感に満足がいく育毛シャンプーです。

 

  • アミノ酸系シャンプー
  • モンドセレクションで金賞を連続受賞
  • 様々な頭皮ケア成分を配合
  • 無添加・ノンシリコンでありながら満足が出来る使用感達成

 

公式サイト 説明ページ

 

 

 

 

 

育毛サプリメント(女性)ランキング

マイナチュレ育毛サプリメント

女性の為に作られた女性用育毛サプリメントです。毛髪の栄養成分や育毛成分、血行促進成分を凝縮配合しています。
モンドセレクションで金賞を受賞した経歴ありのサプリメントです。

 

  • 毛髪保護成分配合
  • 18種類のアミノ酸成分配合
  • 血行促進成分配合
  • その他に女性ならではの健康成分・美容成分も配合
  • 相談窓口も用意されていて安心感がある

 

公式サイト 説明ページ

 

抜け毛のレベル別・種類別の育毛商品の選び方


育毛商品には大きく分けると3つに分ける事が出来ます。

育毛剤
育毛シャンプー
育毛サプリメント

この3つが基本的な育毛商品と言われる代名詞的な商品です。
育毛方法や発毛方法を実践したいと思った時にいきなりこの3つの商品を同時に使う必要はないです^^。
抜け毛の症状別、抜け毛のレベル別に使い分けると少ない商品で育毛効果を実感する事が出来ます。

 

抜け毛が気になる程度(レベル1)対処方法


朝起きたら枕元に目立つ抜け毛が落ちている、家の中やお風呂の中に抜け毛がよく落ちていると気が付くようになったレベルの頭皮環境は抜け毛が始まって間もないレベルと推測できます。
頭皮環境が悪化している為に血行促進がうまくなされずに髪の毛の栄養素が髪の毛を作る毛母細胞まで届かない状態になり抜け毛が発生している可能性があります。

 

 

この場合は頭皮が乾燥していたり、逆に皮脂でベタベタだったり、酷い場合は炎症している状態にあります。
対策としては頭皮環境を改善して衛生的にすれば良いので「育毛シャンプー」がベストな選択です。

 

 

 

また、抜け毛を抑える事以外にも今ある髪の毛を太くする「育毛」や髪の毛を生えさせる「発毛」をも期待したい場合は「育毛剤」を使用する事が必要です。
頭皮環境も悪くないのに抜け毛が気になるのならホルモン系の変化が生じている可能性があります。

 

 

男性なら抜け毛促進ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を抑制させる成分配合の育毛剤、女性ならホルモンバランスの乱れが原因なのでホルモンバランスを整えたり、調整作用がある女性用育毛剤を使用する事で改善が目指せます。

レベル1の改善方法

頭皮環境の悪化が考えられる場合は? 育毛シャンプーで毎日頭皮をマッサージするように洗う事でOK(頭皮改善と血行促進)
ホルモン系の原因が考えられる場合や現在ある髪の毛を太くしたい、発毛したい場合は? 育毛剤の使用で育毛、発毛を目指します

 

頭皮環境の悪化が原因なのか、ホルモン系が原因なのかが分からない場合、費用に問題なければ「育毛剤」+「育毛シャンプー」を同時に実践しても良いと思いますし、そのほうがより効果は高まります。

 

1つのみに絞ったのは金銭的に安くさせる為で効果を実現したい場合の1番の方法は両方とも実践する事です。
欲を言えば、さらに「育毛サプリメント」をも摂取すれば何倍もの効果が見込めますが費用の問題もありますのでここでは出来るだけ少ない商品で効率的に改善する方法を記載しています。

 

排水溝にぎっしり詰まる抜け毛(レベル2)対処方法


お風呂でシャンプーが終わった後に排水溝にぎっしりと詰まっているようならある程度進んだ抜け毛になります。
この場合は頭皮環境も健全ではない可能性が非常に高いです。育毛シャンプーで頭皮改善と育毛剤で育毛・発毛効果を目指す必要があります。

 

 

また、同時に睡眠時間が短めなら長めの睡眠時間を取り、偏った食事をしているならバランスが良い食生活に改善しなければいけません。
寝ている間に髪の毛を成長させる成長ホルモンが活性化するのですが、その活性化をも出来ない睡眠時間の場合はより抜け毛は促進されてしまいます。

 

 

髪の毛の栄養素はビタミンやミネラル、アミノ酸、良質なたんぱく質など様々な成分を取る必要があります。1つや2つに偏ったような食事スタイルではこの髪の毛を生成する為の成分のどれかが欠如して髪の毛の栄養素が作られなくなってしまいます。

レベル2の改善方法

抜け毛防止・育毛発毛を目指すには? 育毛剤、育毛シャンプーの使用と同じに食生活の改善も必要

 

 

頭皮が薄く見えそう・見えている(レベル3以上)対処方法


すでに抜け毛が起きている時間が長期間化している場合は頭皮が薄く見えてしまいます。
この場合はすでにある髪の毛を太くして頭皮を目立たせなくする為の「育毛」と抜けてしまった部分からの「発毛」を目指す必要があります。

 

 

「育毛シャンプー」で頭皮改善、血行促進を促しながら、「育毛剤」にてホルモン作用の成分をも頭皮に摂取する事で健全な頭皮環境と育毛・発毛対策が出来ます。
さらにその効果を促進させる必要がある為に「育毛サプリメント」も合わせて使うとより効果が促進されます。

 

 

また、3つの商品と同じに抜け毛を促進してしまうような生活環境を改善する事が必要です。
出来るだけストレスを溜めない工夫、睡眠時間を多く取る工夫、食事もバランスが取れた食事などを心がけてください。
また、カラーリングやパーマなどを定期的にしている場合はその期間をもっと長くするか、出来るだけ刺激が弱い天然成分使用のカラーリングやパーマの薬剤を使用してください。

レベル3の改善方法

改善するには? 育毛シャンプー・育毛剤・育毛サプリメントと生活環境の改善が必要

 

 

 

基本は育毛剤を決めて使用する事


当サイトの趣旨は抜け毛を抑える方法ですが、抜け毛を抑えるだけでは抑える、防ぐ事で終わってしまいます。
この場合は、抜け毛が発生していない人の場合は良いですが、少しでも抜け毛が発生しているのならその症状は進行します。

 

 

少しでも抜け毛がある場合は「育毛剤」の使用がベストです^^。育毛剤の成分にはほとんどに「育毛・発毛成分」が配合されていますが、同時に髪の毛の栄養素の成分、血行促進成分、頭皮炎症を抑えたり改善したりする成分が入っているので少しの抜け毛でも「育毛剤」を使用する事は今後多くの抜け毛を発生させる事を防ぐ効果もあるし、細くなってしまった髪の毛を太くしますので結果的に髪の毛が増えてみえます。

 

 

また頭皮環境が最善の状態に戻る事が出来れば脱毛箇所からの発毛も期待が出来ます。
抜け毛を抑える事だけではなく、「髪の毛を太くする」「発毛も期待する」事を視野に入れるのなら「育毛剤」の使用は必須です。

 

 

育毛剤を倍増させる頭皮環境の衛生化


育毛剤を使用していても効果が感じられない場合の多くは育毛剤を付けている頭皮が悪化している為に育毛剤の成分が頭皮に浸透するのを防いでしまっている可能性があります。
せっかくの有効成分も頭皮に浸透しなければ意味がありません。

 

 

育毛剤の効果をより効果的に引き出す為には頭皮環境も整えなければいけません。
頭皮環境の改善でやるべき事は頭皮を健全に保つ為に頭皮に刺激を与える事や不衛生にする事を止める事です。
乾燥しすぎても良くないし、皮脂が多すぎても良くありません。

 

 

また、抜毛が気になって1日に何回もシャンプーをする人がいますが、これは逆効果です。
頭皮に必要な皮脂を全部取ってしまう事で身体が皮脂が足りないと判断して多くの皮脂を発生させてベタベタの皮脂だらけの頭皮にしてしまうからです。

 

 

市販系のシャンプーを現在でも使っているのならそれはNGです。市販系のシャンプーは頭皮が弱い人にとっては刺激が強すぎるシャンプーになります。
アミノ酸系のシャンプーでさらに育毛成分や頭皮改善成分が入っている「育毛シャンプー」を使うと効果的に頭皮環境を改善する事が出来ます。

 

 

また、シャンプー方法としては1日に1回のシャンプーを心がけて、シャンプー前は頭皮の毛穴を開かせる為に湯船に10分以上入ってからのシャンプーがベストです。シャンプーの洗い方は頭皮をマッサージするように洗うと血行促進にもなり、頭皮を傷つける事もないのでオススメです。

 

頭皮環境を改善させるシャンプー方法

使うシャンプーの種類 アミノ酸系の育毛シャンプー
洗い方 指の腹で頭皮をマッサージするように洗う(髪の毛ではなく頭皮を洗う感じ)
回数 1日1回(洗いすぎは皮脂を取りすぎてしまうのでNG)
洗う前 湯船に10分以上浸かってから入ると頭皮の毛穴が開いているので汚れが取れやすい
洗った後 必ず乾燥させる。頭皮が湿った状態で就寝すると雑菌が繁殖して頭皮が悪化する。
爪を立てない 指の腹で洗う事。爪を立てると頭皮に傷が付く可能性がある。
オススメの育毛シャンプー 男性なら「馬油スカルプシャンプー」、女性なら「マイナチュレ育毛シャンプー」がベスト
 

 

 

 

育毛をより促進させる倍増薬(サプリメント)


育毛を効果的に実践する方法としては「育毛剤」が1番効果がある育毛商品ですが、頭皮環境が健全ではないとこの育毛剤も充分な効果を発揮出来ません。
その為に育毛シャンプーを同時に使い頭皮環境と血行促進、そしてホルモン作用成分の摂取で「育毛・発毛」を望んで実践します。

 

 

さらに、そこにその効果をさらに倍増させる力があるのが「育毛系のサプリメント」です。育毛シャンプーも育毛剤も頭皮に直接的にアタッチメントする外部からの育毛方法ですが、サプリメントは内部からの育毛方法になります。

 

 

育毛サプリメントは髪の毛の生成に必要な成分や頭皮改善の為の成分、血行促進の為の成分などを内側から摂取する事が出来ます。
個人差がありますが、外側からの作用よりも内側からの作用のほうが体質的に効果がある人も多いです。

 

 

まずは外側からの育毛方法を実践して、効果が望めない場合は内側からの育毛方法も実践してみると良いですね。
外側と内側の両面からの育毛方法を実践すればその効果はより促進されます。

育毛サプリメントにも男性用・女性用・男女共用など性別により分けられる場合が多いので商品をきちんと確認する事も重要です。

 

人気の男女別育毛サプリメント

男性人気ナンバー1 育毛サプリメント 女性人気ナンバー1 育毛サプリメント
フェルサ育毛サプリメント マイナチュレ育毛サプリメント

 

 

抜け毛の種類別の対策方法


抜け毛には種類があります。大きく3つに分ける事が出来て、@成長期性脱毛A休止期性脱毛B頭皮炎症による脱毛です。髪の毛のサイクルには「成長期」「退行期」「休止期」がありますが、このうち「成長期」に起こってしまう脱毛が「成長期性脱毛」で休止期に起こる脱毛が「休止期性脱毛」です。また頭皮に炎症が起こる事で生じる脱毛が「頭皮炎症による脱毛」になります。

 

@成長期性脱毛とその対策方法


髪の毛を作る細胞分裂の毛母細胞の細胞分裂が阻害される事で起こります。抜けた髪の毛を見ると毛根が異常に細くなっているのが特徴です。
円形脱毛症の抜け毛や薬の副作用、抗がん剤の副作用などで起こる抜け毛がこの成長期性脱毛になります。
対策方法としては育毛商品を使う効果は無く、原因となっている病気を治す事、又はその服用している薬や抗がん剤などの使用を停止する事で改善します。

 

 

円形脱毛症は原因が特定されてませんが、主に急激なストレスではないかと言われています。
ストレスが少なくなると自然に治癒する方向に向かう傾向があります。

 

A休止期性脱毛とその対策方法


成長期にあったはずの髪の毛のサイクルが急激に休止期に移行して抜ける抜け毛になります。
原因の1つがホルモン系の変化です。女性の場合は、女性の抜け毛の原因に多いホルモンバランスの乱れによる抜け毛がこの休止期性脱毛です。
男性のAGA(男性型脱毛症)も毛包が小さくなっただけで基本はこの休止期性脱毛になります。

 

 

その他にも甲状腺機能の異常や外科的なショックなどでもこの休止期性脱毛は発生します。
基本的に病気や外科的ショックではなく、ホルモン系に関係する場合は「育毛剤」の使用で改善が目指せます。

 

 

育毛剤でもホルモン作用成分が配合されている育毛剤を使用する事が重要です。
男性の場合は男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を抑制する成分、女性なら女性ホルモンの調整作用成分や女性ホルモン様と同等の成分が入った育毛剤を使用する事です。

 

 

B頭皮炎症による脱毛とその対策方法


頭皮が炎症したり頭皮環境が悪化する症状に「脂漏性皮膚炎」や「乾性脂漏」などがあります。
乾燥のしすぎや逆に皮脂が溜まりすぎても良くありません。これが原因で抜け毛が発生してしまうからです。

 

 

対策方法としては、頭皮環境の改善が必要ですので、そのような成分が入っている育毛シャンプーや育毛剤を使用する事がベストな選択です。
特にシャンプーはアミノ酸系の育毛シャンプーのように刺激が弱いシャンプーが必須です。
育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーはほとんどがアミノ酸系シャンプーで汚れ除去だけでなく、頭皮改善成分、保湿成分などが入っているので「育毛シャンプー」を使っていれば問題なく改善されます。

 

 

男性の育毛商品のランキング 女性の育毛商品のランキング

 

 

生活環境全体を変える事でさらに抜け毛を防ぐ


抜け毛の原因と対策は上述した通りです。しかし生活習慣が現状のままだと再度抜け毛や薄毛が促進される可能性がある。
その為に抜け毛を防ぐ為の生活環境に整える事も必要です。
その方法は「抜け毛予防のページ」で挙げたような予防対策をしていれば現在行っている育毛効果にプラスアルファが出来るはずです。

 

 

 

がんばって抜け毛を抑え、また抜け毛予防もしましょう^^。
抜け毛を抑えたり減らしたりするだけではなくて細い毛を太く、脱毛部分からの発毛も期待しましょう^^。
その為には「育毛方法」だけでなく生活環境も育毛に適した生活環境を実践する事です。このような生活も視野に入れれば必ず抜け毛を防ぐだけでなく「発毛」も期待が出来るはずです。

育毛剤はターン購入と言われる購入方法がオススメ!


育毛剤を使っている人で経験した多いだろう事実に「自分には合わなかった育毛剤があった」と言う事です。
育毛方法を実践していればこのような経験をした事がある人も多いと思います。

 

 

絶対にこの「育毛剤」を使うと髪の毛が太くなる、髪の毛が生えると断言出来る育毛剤は現在のところありません。
抜け毛や薄毛になっている人の原因は様々と言う事を説明しました。原因がバラバラなので育毛剤も自分に適してる育毛剤もあればそうではない育毛剤もあるのです。

 

 

自分の抜け毛や薄毛の原因を100%把握するのは難しいです。しかし原因を把握しなくても「育毛剤」を1つに決めずにターンして(回して)購入するようにして数種類の育毛剤を使用する事が出来れば自分に適している育毛剤を見つける事が出来やすくなります。

 

 

具体的には「出来るだけ口コミや評価が高い育毛剤」を使用します。始めに自分の頭皮を写真などで撮っておきます。
そして、約半年間その育毛剤を使ってみて、半年前の自分の頭皮写真と比べてみて効果を感じる事が出来なければ次の育毛剤を使う事です。
半年間使ってみて半年後に頭皮の写真を比べてみて効果がなければ次の育毛剤と言うように回すように購入する方法を「ターン購入」と呼びます。

 

 

 

ターン購入をして少しでも効果があったと実感出来る育毛剤があったらそれを半年以後も続けて使用する事です。
この方法を使えば「自分に合う育毛剤」を効率的に見つける事が出来ます。
育毛剤を選ぶ時も出来るだけランキング上位の育毛剤や口コミや評価が高い育毛剤から使用すると手っ取り早く「自分に適した育毛剤」を見つける事が出来ます。

 

 

ターン購入方法を実践してもサプリとシャンプーは保持!


ターン購入方法がベストな育毛剤選びの方法だと分かったと思います^^。
しかし、疑問があると思うのですが、それが育毛サプリメントや育毛シャンプーなどを使っていた場合です。

 

 

この場合の育毛サプリメントや育毛シャンプーはターン購入などはせずに決めた育毛シャンプー、育毛サプリメントを使い続けていても問題ないです。
育毛サプリメントの場合はその主要な効果は髪の毛の為の栄養剤です。栄養に合う合わないはなく育毛サプリメントを摂取すれば髪の毛の生成の為の栄養は取る事が出来ます。

 

 

また育毛シャンプーの場合も様々な成分が入った育毛シャンプーがありますが、育毛シャンプーの主要な効果は頭皮環境の改善・健全化です。
アミノ酸系の育毛シャンプーを使っていれば頭皮環境が悪化する事はないので1つに決めたらそのシャンプーを使い続けても問題ないです。

 

 

しかし、「育毛剤」の場合はその育毛剤商品によって育毛の為の様々な成分が入っています。頭皮環境の改善成分も血行促進成分も髪の毛の栄養素的成分もあります。さらにホルモンを作用する成分も入っています。ある育毛剤にしか入っていない成分もあったりします。

 

 

これらの成分のうちにどの成分に重きを置いているかは育毛剤によっても違います。
育毛・発毛の決めては「育毛剤」です。しかし育毛剤なら何でも可能なわけではなく主要な効果はその育毛剤によってバラバラになります。

 

 

 

育毛剤はその育毛剤商品によって効果が大きく変わるので1つに決めずに自分に合う育毛剤を見つける必要があるんです。
だから育毛剤選びで重要な事は様々な育毛剤から自分に合う育毛剤を見つける事になります。

 

 

これを効率的に実現出来る方法が半年毎に効果がない育毛剤商品に見切りをつけて次に進む購入方法の「ターン購入」です。
育毛方法を実践している人も「育毛剤」だけは向き、不向き、合う、合わないがあるので1つに決めて1年も2年も使うのではなくてターン購入をして「自分のベスト育毛剤」を見つけましょう。

 

半年間で少しでも効果があった育毛剤はそのまま使用を続けましょう。
これが育毛効果を充分に発揮して「育毛」だけでなくて「発毛」も期待出来るレベルの頭皮になるポイントです^^。

 

育毛商品毎の購入方法

育毛剤 ターン購入(半年毎に効果がなければ次の商品を試す方法。効果があればそれに決める。)
育毛シャンプー 通常の購入(アミノ酸系の育毛シャンプーを1つに決めて購入。)
育毛サプリメント 通常の購入(髪の毛の栄養素摂取がメインのサプリメント)

 

ランキング1位の育毛商品を抜粋


以下ランキング1位の育毛商品を抜粋しています。(引用元:大手口コミサイト・大手美容掲示板総合サイト)

 

男性のランキング1位育毛商品

育毛剤1位  (男性) チャップアップ育毛剤
育毛シャンプー1位 (男性) リマーユスカルプシャンプー(馬油スカルプシャンプー)
育毛サプリメント1位 (男性) フェルサ育毛サプリメント

 

女性のランキング1位育毛商品

育毛剤1位 (女性) ベルタ育毛剤
育毛シャンプー1位 (女性) マイナチュレ育毛シャンプー
育毛サプリメント1位 (女性) マイナチュレ育毛サプリメント