MENU

女性の抜け毛は女性ホルモン改善で治る!


男性でも女性でも抜け毛の悩みはありますよね。男性と違って女性の場合は、対策さえすれば抜け毛は抑える事が出来ますし、発毛も期待する事が出来ます。
女性の場合の抜け毛症状の大きな原因の1つが女性ホルモンの低下です。

 

 

 

男性と同じように、加齢、血行不良やストレス、過度なダイエット、睡眠不足など様々な原因が絡んで女性の抜け毛も発生しますが、その原因でも大きな割合を示すのが「女性ホルモン」になります。
女性ホルモンが何らかの原因で低下する事とそれと相対的に男性ホルモンの比率が高くなる事で抜け毛や薄毛を促進してしまいます。

 

 

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」と言われる女性ホルモンが主に髪の毛の発達・成長などと関係しています。エストロゲンが低下する事で髪の毛自体が細くなり抜け毛に発展します。
また女性ホルモンはコラーゲンの生成を促進する事でも知られています。コラーゲンはご存知の通り髪の毛のツヤ、コシ、若々しさを出していますが、女性ホルモンが低下する事でコラーゲンの生成も弱まる為に抜け毛や細毛になるだけでなく、ハリやコシ、潤いなどが低下してしまいます。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

妊娠中に抜け毛が発生するのは一時的!


女性で妊娠出産を経験した人は一時的な抜け毛を経験した人もいると思います。
妊娠中や出産後は女性ホルモンが大きく乱れる時期です。乱れる程度には個人差がありますが、妊娠出産を経験した人の9割以上の人が抜け毛が増えたと実感しています。
妊娠中は「プロゲステロン」と言う女性ホルモンが活性化します。この女性ホルモンは栄養とか水分を保持する作用があり、髪の毛の生成にも作用します。

 

 

しかし、妊娠するとこのプロゲステロンで保持していた栄養や水分は髪の毛ではなくて赤ちゃんに奪われてしまいます。
プロゲステロンがうまく作用しない事になり、髪の毛への栄養が滞る状態になります。結果、妊娠中や出産後一定期間は「抜け毛」が増える事になります。人によっては毎日排水管が詰まるくらいの抜け毛が発生する人もいます。

 

 

 

妊娠中や出産後の抜け毛はあくまでも一定期間の抜け毛ですので対策は特別必要ないと思います。妊娠出産をすれば当然の事です。
抜け毛が気になっていて妊娠中や出産後まもなくなら育毛商品などの対策をする必要は全くもってないです。ほとんどが出産後1年以内に通常通りに「プロゲステロンホルモン」が作用して髪の毛に再度栄養を与え始めます。つまり、抜け毛があった場所からも発毛する事になりますので安心してください^^。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

ストレス・睡眠不足・栄養不足でホルモンバランスが乱れる!


女性のホルモンバランスが悪化する理由は様々な原因がありますが、大きく関係している事に、ストレスと睡眠不足、栄養不足です。
現代社会においてストレスは避ける事が出来ない物ですが、それでもストレスを過度に溜めてしまう事でホルモンバランスが悪化してしまうんですね^^。

 

 

そこに睡眠不足や栄養不足が加わると女性ホルモンが低下したり、ホルモンバランスが乱れてきます。
女性がホルモンバランスを乱す事で生じる外見上の変化はやはり「抜け毛」「薄毛」です。

 

 

 

年齢も高齢でもないのに薄毛になっている人の多くは女性ホルモンが低下していたりホルモンバランスに乱れが生じているからです。
薄毛だけでなく、身体全体の体毛が濃くなったり、身体の体臭が強くなったり、顔や身体に吹き出物が増えた場合は女性ホルモンが低下してその低下した分を補う形で男性ホルモンが活性化していると考える事が出来ます。男性ホルモンの中でも男性の薄毛の主要原因のホルモンである「ジヒドロテストステロン」は抜け毛や薄毛を促進してしまいます。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

女性ホルモンの乱れを改善する!


女性ホルモンが低下したり乱れる事で抜け毛、薄毛を引き起こします。さらにそこに年齢が加わると更年期障害と言われる女性の敵とも言える症状を加速させてしまいます。
女性ホルモンの低下を防いだり、ホルモンバランスを整える事が実は簡単に出来ます。
大きく2種類の方法があります。「ホルモン補充方法」「サプリメント使用方法」です。ご自分に合う方法を実践してみてください^^。

 

 

ホルモン補充療法orサプリメント使用方法

女性ホルモンの低下やホルモンバランスの乱れで抜け毛や薄毛が発生している人は治す事が出来ます。
男性のAGA(男性型脱毛症)とは違い期待値ではなく、ほとんどが完治に近い形で治す事が出来るので安心してください。
そのホルモンバランスを整える方法は2種類あります。

 

 

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法とはその名前の通りでホルモンを補充する療法になります。主に女性ホルモンを補充するのですが、補充するホルモンの種類で内服薬や注射などに分かれます。
元々は女性の更年期障害の改善目的で使われていた方法ですが、女性ホルモンの乱れを整える事は抜け毛対策、薄毛対策にもなる事から美容目的でも使われるようになりました。

 

 

しかし、ホルモン補充療法は臨床実験データが確立されておらず、まだまだ全国的には広まっておりません。
一部の病院の先生が実施しているくらいです。副作用の有無も実証数が少なくはっきりしません。

 

 

また、普及しない理由の1つに美容目的の為に健康保険外になります。定期的に通う必要性もある為費用が総合すると高額になると言うデメリットもあります。
まずはサプリメントなど副作用もなく、安価な方法での対策を試みて結果が出ない場合に試してみたい方法です。

 

 

サプリメント使用方法

女性ホルモンの低下を防ぎ、ホルモンバランスの乱れを正す事が出来たと言う声が多いのがサプリメントです。サプリメントでもホルモンバランスを整える成分と女性ホルモンと似た働きをする成分を摂取する事が重要です。サプリメント摂取は医薬部外品の為、副作用もなく、病院へ通う時間も必要ない為続けやすいというメリットがあります。

 

 

しかし、確実に女性ホルモンを整えたり補充してくれるような成分がないと意味がありませんが、自然界の成分には女性ホルモンと同等の働きをする成分があります。
このような成分を凝縮しているサプリメントやホルモンバランスを整える成分を凝縮しているサプリメントを選ぶ事が女性ホルモンの乱れを正すのに必要な事です。

 

 

女性ホルモンと同じ働きをする成分の抜粋

大豆イソフラボン 女性ホルモンで髪の毛の生成に重要な役割を担うエストロゲンに作用します。足りないと判断した場合には補い、過剰な場合は抑える働きがあります。
レッドクローバー 女性ホルモンのエストロゲンと同等の作用をします。髪の毛の生成を促進します。
リグナン エストロゲンと同等の働きをします。髪の毛の生成を促進します。
ホップ 女性ホルモンの1種であるフィストロゲンが含まれています。ホルモンバランスの乱れで生じるPMS症状や更年期障害を緩和します。

 

ホルモンバランスを整える働きをする成分の抜粋

 

 

ビタミンB6 エストロゲンの代謝に関わってホルモンバランスを整える作用があります。
ビタミンE 女性ホルモンの1種であるプロゲステロンの材料になります。
ボロン 髪の毛を生成するのに重要なホルモンであるエストロゲンを活性化させます。
プラセンタ 乱れているホルモンバランスを正常化してくれます。

 

女性ホルモンを整え、抜け毛防止効果・育毛効果があるサプリメント

 

https://g-prj.com/product-buy-form/gp_boston_w

 

 


男性の育毛商品のランキング 女性の育毛商品のランキング


スポンサードサーチ