MENU

男性の抜け毛の原因の男性ホルモンは抑制が出来る!


男性の薄毛の主要な原因の1つに男性ホルモンがあります。ホルモンと聞くと抑制したり、改善する事が難しいのではと考える人も多いですが、遺伝ではなく男性ホルモンが主要な原因の場合は改善する事が出来ます。男性ホルモンの中でも「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが頭皮や毛髪に関係しています。具体的には皮脂を分泌したり髪の毛を生成する毛母細胞の細胞分裂を促進する働きがあります。

 

 

 

この男性ホルモンの「テストステロン」が頭皮の毛根部分にある「5αリダクターゼ」と呼ばれている還元酵素と結びつく事で「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンを生成してしまいます。
このジヒドロテストステロンが抜け毛や薄毛を誘発する男性ホルモンになります。

 

この男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を抑制する事が出来れば抜け毛や薄毛を改善出来るわけです。

 

抜け毛誘発の男性ホルモンを抑制する方法


このように抜け毛を誘発する男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」ですが、抑制する事が出来ます。
この男性ホルモンを抑制する事が出来れば抜け毛を抑える事が出来て、頭皮環境が良くなれば育毛として髪の毛が太くなったり、髪の毛がない部分からの発毛も期待出来ます。

 

 

男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制する方法は具体的に2つあります。
以下参照。

 

5αリダクターゼを阻害する成分を摂取する事

ジヒドロテストステロンが生成されるのは通常の髪の毛の生成を助ける男性ホルモンである「テストステロン」と毛根部分にある還元酵素の「5αリダクターゼ」が結ぶ事で生成されます。
この5αリダクターゼを阻害する事が出来れば抜け毛を誘発する「ジヒドロテストステロン」が生成されないと言う事になります。

 

 

 

5αリダクターゼを阻害する成分として最も効果的と言われているのは男性型脱毛症(AGA)の治療薬として名高い「プロペシア」と呼ばれる薬です。
厚生労働省からも許可を受けている事でよりその知名度を上げてきました。このプロペシアに含まれている成分である「フィナステリド成分」が還元酵素の5αリダクターゼを阻害させます。

 

 

しかし、デメリットもあります。このプロペシアと呼ばれる薬は医薬品になる為に毛髪を専門にしている医者や毛髪専門クリニックなどに足を運ぶ必要があります。
そして、1度処方されると継続的に服用する必要が多かったり、健康保険外になるので全額が自費での購入になり総額するとかなり高額費用になります。

 

 

 

さらに、医薬品と言われる理由は副作用です。性欲減退、胃の不調、食欲不振、肝機能障害などを起こす事があります。
男性ホルモンが原因と考えられる薄毛や抜け毛の場合にまず対処しておくと良いのが以下の女性ホルモン作用の成分を摂取する事が望ましいです。
女性ホルモン作用の成分摂取でも効果がない場合にこの「医薬品プロペシア」を服用する為に専門病院に足を運ぶと良いでしょう。

 

5αリダクターゼを抑制する事が出来る成分で医薬品以外にも「黄金エキス」と呼ばれる成分があります。この成分は医薬品にはならない為育毛系の商品に入っている場合もあります。いきなり副作用があるプロペシアの使用が不安などと思う場合はこのような天然成分で5αリダクターゼを抑制する作用がある成分を摂取する事も1つの手です。(プロペシアのフィナステリド成分よりは効果の度合いは弱まります)

 

 

 

 

女性ホルモン作用のある成分を摂取する事

男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制するもう一つの方法が女性ホルモン作用がある成分を定期的に摂取する事で、体内の女性ホルモン率を高める事です。
女性ホルモン様作用がある成分はほとんど女性ホルモンと同等の作用がある為に男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が抑制されます。

 

 

この女性ホルモン様作用がある成分は通常の成分の為に副作用がありません。
医薬品ではない為に病院に定期的に足を運ぶ必要性もありませんので手軽に試す事が出来るのが大きなメリットです。

 

 

代表的な女性ホルモン様作用がある成分

ホップエキス 女性ホルモンであるエストロゲン様成分として、活性型男性ホルモン(DHT)を抑制する効果があります。また白髪化を抑制する効果もある事で知られています。
モモ葉エキス ホップエキス同様に女性ホルモンの「エストロゲン」の作用があるので男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」を抑制する効果があります。また、抗炎症、抗アレルギーなどの効果もあります。
豆乳発酵液 女性ホルモン「エストロゲン」と同等作用の他、保湿効果もあります。

 

 

男性の抜け毛の原因は男性ホルモン1つではない!


男性の抜け毛の原因の主要原因と言われるのは男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」と言われる場合もありますが、このジヒドロテストステロンが促進されていても、抜け毛や薄毛にならない人はなりません。

 

 

抜け毛は様々な原因が複合的に絡み合って発症します。その中の1つに男性ホルモンがあるわけです。
その他の原因と言われているのが、血行不良、頭皮環境の悪化(皮脂が多い、過度の乾燥、汚れ詰まりなど)や栄養不足なども挙げられます。
これらの総合が一定の基準に達した時に「抜け毛」として外見上に現れると考えられています。

 

 

すべて重要な原因ですが、その中でも「血行不良」は大きなウェイトを占めるとされています。
血流の流れに乗って髪の毛の栄養素を体内から頭皮の毛乳頭に運ぶのですが、血行不良を起こしてその流れが悪くなる事で栄養が毛乳頭に行き渡らなくなります。

 

 

栄養が行き渡らなくなると髪の毛の毛乳頭から毛母細胞への栄養も行き渡らない状態になり、毛母細胞での細胞分裂が行われない状態になります。
毛母細胞の細胞分裂が行われないと髪の毛は生成されずに、現在ある髪の毛も細くなり、抜けていきます。

 

 

血行不良が引き起こされるのはストレスや睡眠不足、頭皮に刺激が強いシャンプーの使用や間違ったシャンプー方法などの原因から起きます。
まずは生活習慣の是正化やストレスを出来るだけ溜めない事、適正なシャンプー選び、洗い方などを念頭に置きながら男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」対策をするのがより効果的な抜け毛・薄毛対策になるでしょう^^。

 

 

シャンプー選びやシャンプーの洗い方については「シャンプーの選び方とその方法ページ」にて説明しています。

 

 

育毛商品ランキング情報!

男性の育毛商品のランキング 女性の育毛商品のランキング