MENU

女性の抜け毛の原因は何!?


女性の抜け毛は男性の抜け毛の原因とは違いがあります。
男性も女性も頭皮環境の悪化や血行不良など共通する部分もありますが、大きく違うのはホルモンによる抜け毛促進の違いです。
男性の場合は主に「ジヒドロテストステロン」と言われる男性ホルモンが生成されてしまう事で起こるホルモンによる抜け毛ですが、女性の場合はホルモンのバランスが悪化する事で抜け毛が促進されます。

 

 

 

もちろんホルモン系だけでは抜け毛にならず、様々な諸原因が絡み合い抜け毛を誘発するのです。
男性が抜け毛になる場所は頭部でも前頭部や頭頂部が中心ですが、女性の場合は生え際や全体的な脱毛が見られるのが特徴です。
以下女性の場合の抜け毛の原因一覧です。女性特有の原因男女共通の原因とで分けてあります。

 

女性特有の抜け毛の原因

女性ホルモンのバランス悪化

女性はホルモンバランスの乱れが抜け毛の諸原因の中でも主要な原因と言われています。ストレスや加齢、過度の喫煙や飲酒、偏った食生活、睡眠不足、水分不足、身体の冷えなど様々な原因で女性ホルモンの「エストロゲン」が低下します。

 

 

エストロゲンは髪の毛の生成に重要な役割を担っていますが、このエストロゲンが不足する事で髪の毛が細くなり、抜け落ちます。
また、女性ホルモンが低下すると相対的に男性ホルモンが活性化してしまいます。
 
 
昔は諦めていた女性の抜け毛も現在はホルモン調整作用がある成分を含む育毛商品などが個人で購入出来る時代になりました。
まずはホルモン調整作用や女性ホルモンと同じ働きをする成分を配合した育毛剤を使う事で改善する事が出来ます。

 

ホルモンバランス調整作用がある育毛商品

 

 

 

妊娠中・出産後のホルモンバランスの乱れ

女性の抜け毛はホルモンバランスが乱れる事が原因の1つですが、女性特有の身体の変化でもそれは急激に乱れる事になります。
それは妊娠と出産です。

 

 

妊娠の場合に抜け毛が増える場合は、女性ホルモンの「プロゲステロン」と言われる髪の毛の生成を担っているホルモンが保持している栄養素を赤ちゃんに奪われてしまうために生じます。
妊娠中に抜け毛が増えると感じるのはこの為です。

 

 

 

また、出産すると赤ちゃんがいない体内は「プロゲステロン」は元通りの活動をしますが、逆により重要な役割を担う女性ホルモンの「エストロゲン」が乱れます。
乱れる理由は妊娠中はエストロゲンが減少している状態にあるのですが、出産する事でエストロゲンが元に戻ろうと急激に増えてしまうからです。
このエストロゲンの乱れで抜け毛が促進されます。

 

 

妊娠中と出産後の抜け毛は同じように思えて関わっている女性ホルモンが全く別物なんですね^^。

 

 

男女共通の抜け毛の原因

食生活の乱れ

髪の毛の生成に重要なケラチン(タンパク質)やビタミン、ミネラルをバランスよく摂取する事で髪の毛の栄養を取り続ける事が出来ます。
通常のバランスが取れた食生活を送れていれば、これらの栄養素をバランスよく取れるはずです。

 

 

しかし、偏った飲食が長期間続くとこれらの成分の摂取が極端に少なくなったり、摂取するバランスが悪くなって1つに偏ってしまったりと髪の毛の栄養素が作られない状態になります。
血流が良く栄養素が毛母細胞に行き渡ったとしてもその栄養素自体が乏しいので抜け毛が促進されてしまいます。

 

 

 

使っているシャンプーの刺激度合いが強い

使用しているシャンプーが通常のアルコール系シャンプーだと頭皮環境が健全でない場合、炎症を起こしやすくなります。
抜け毛が発症しやすい人は通常の人に比べて頭皮環境は良い状態にはありません。

 

 

そこに刺激が強いシャンプーを使用する事でより頭皮環境が悪化して抜け毛を促進してしまうのです。
表記に「ナトリウム」と言う言葉があればそのシャンプーは刺激の度合いが強いシャンプーと言えます。

 

 

出来るだけ頭皮に優しく洗浄力があるアミノ酸系シャンプー(育毛シャンプー)を使用するほうが良いでしょう^^。
女性に人気のアミノ酸系シャンプー(育毛シャンプー)

 

 

 

 

牽引(けんいん)の癖がある

髪の毛を束ねたり、縛ったりするときに強く引っ張る事を牽引と呼びます。この牽引が長く一定の場所で続くと脱毛を起こします。
ホルモンの乱れと絡まって脱毛するわけではなく、この場合は単独でこの牽引が原因で抜け毛が発生します。

 

 

この牽引による抜け毛症状を「牽引性脱毛症」と呼びます。
牽引を止めるか、定期的に牽引する場所を変える事で改善します。

 

 

定期的なパーマ・カラーリングの刺激がある

女性の場合はパーマかカラーリングどちらかは経験した事があると思います。このパーマやカラーに使う薬剤は強い成分が入っており頭皮が弱い場合は頭皮に影響を与えます。
強い刺激が定期的に繰り返される事で頭皮炎症を起こして抜け毛を促進します。

 

 

美容院でパーマやカラーリングをしてもらっている場合は出来るだけ頭皮に対して刺激が弱いタイプの薬剤を頼んでみましょう。
扱っていない場合はそのような刺激が弱い薬剤を扱っている美容院を聞くのも手ですね^^。

 

 

睡眠時間の短さと質の悪さ

睡眠時間が短かったり質が悪い事でも抜け毛は促進されます。爪の成長や髪の毛の成長を促進する「成長ホルモン」は就寝後約3時間で活性化します。
より活性化するには質も重要です。寝る前にブルーライト(スマホやパソコンなどの光)を浴びた後の就寝よりも浴びていない就寝のほうが質が高くなります。

 

 

成長ホルモンが出来るだけ活性化している時間を長くする為に出来るだけ長い睡眠(8時間以上)を目標にしましょう。
さらに寝る前のゲームやスマホ、パソコン作業は出来るだけしないようにすると睡眠の質が高まります。

 

 

また、成長ホルモンだけでなく、髪の毛を生成する毛母細胞も夜10時から深夜2時あたりで1番活性化すると言われています。この時間を睡眠に当てる事も育毛や抜け毛を抑える為の方法の1つですね^^。

 

 

過度の飲酒・喫煙の習慣

女性も男性並に過度な飲酒や喫煙をする人が増えています。過度な喫煙が習慣化されてしまうと血流の流れが悪くなります。血行不良になれば髪の毛の栄養素は毛母細胞に伝わらないので抜け毛が促進されてしまいます。

 

 

過度な飲酒も抜け毛を促進します。一見飲酒は血行を良くするので効果的だと思うかもしれないですが、摂取したアルコールを体内で分解するのに髪の毛の生成に必要な成分を使ってアルコール分解がなされる為に髪の毛の生成に必要な成分が少なくなってしまいます。この為髪の毛が作られない状態になり、抜毛や薄毛を促進します。

 

 

この他にも病気になる事で抜け毛が生じたり、病気の為の強い薬の副作用で抜け毛が生じる事があります。
その場合は血行不良やホルモン系の問題ではなく病気や使用している薬の問題なので病気が治るか服用を止めるかで改善が出来ます。
病気や薬の抜け毛については「病気による抜け毛ページ」を参考にしてください。

育毛商品ランキング情報!

男性の育毛商品のランキング 女性の育毛商品のランキング