MENU

男性の抜け毛予防対策!


男性の抜け毛の原因は1つではありません。様々な原因が絡み合って抜け毛を発症して薄毛や禿げ状態になります。
その原因には男性ホルモンや頭皮環境の悪化、血行不良などがあります。

 

 

 

男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」と言われるホルモンが抜け毛促進に関わっていると言われますが、ジヒドロテストステロンが促進されていても抜け毛を発生しない人はそれ以外の抜け毛の原因の項目が健全であると言えます。

 

 

 

現在では男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を抑制させる成分が入った育毛剤や育毛サプリメントなどもありますが、これらを使うのは抜け毛が多く発生してしまってから使う物で「予防」として使う物ではありません。

 

 

 

ここでは抜け毛予防の為に出来る方法を紹介します。
抜け毛が発生してしまっていたり、抜け毛の多さで悩んでいるという人、すでに抜け毛が多く地肌が目立つようになってしまった人は「男性ホルモンを抑制する方法」を試してください。

 

男性が抜け毛を予防する具体的な方法


男性が抜け毛予防として出来る事は以下の通りです。これらの予防方法が出来ていれば、抜け毛を促進する男性ホルモンが活性化しても抜け毛は発生しないで済みます。
抜け毛は「抜け毛促進の男性ホルモン」だけではなく、以下の原因が絡み合って始めて発症するからです。

 

シャンプー選びによる予防

市販で通常購入が出来るタイプの男性用シャンプーは「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれていて洗浄力が強いシャンプーです。
このシャンプーを使用しても大丈夫な人は頭皮が健全な人や、頭皮環境が良い人のみです。

 

 

抜け毛を発生している人の多くは頭皮が痛んでいるか、炎症している、又は不健全な状態の頭皮です。このような頭皮環境の人が「高級アルコール系シャンプー」を使用するとその強い刺激から頭皮の状態が悪化してしまいます。頭皮状態が悪化する事で抜け毛を促進してしまいます。

 

 

抜け毛が気になる場合や予め抜け毛予防をしたい場合は必ず頭皮に優しく洗浄力もある「アミノ酸系シャンプー」を使用してください。
育毛シャンプーと謳われているシャンプーはほとんどが「アミノ酸系シャンプー」になります。

 

男性に人気のアミノ酸系シャンプー(育毛シャンプー) リマーユスカルプシャンプー

 

 

 

 

洗髪方法による予防

洗髪方法の間違いでも抜け毛を促進させる原因の1つになります。爪を立てて洗う事は絶対にしてはいけません。
頭皮を傷つけないように洗う事が大切です。指の腹の部分で洗うと頭皮を傷つけずに洗えて頭皮マッサージにもなり血行も促進出来ます。

 

 

 

お風呂に入って洗髪する場合のポイントは湯船に10分以上入ってから洗髪するようにしましょう。
湯船で身体が温まると身体全体の毛穴が開きます。もちろん頭皮の毛穴も開きますのでこの状態の時に洗髪すると毛穴の汚れが取りやすくなるからです。

 

 

 

そしてよくある洗髪方法の間違いは髪の毛を濡れたままの状態で自然乾燥させる事です。自然乾燥したつもりでも完全に乾ききっていない場合に就寝した場合はその髪の毛の湿度から雑菌などが繁殖します。この雑菌が頭皮環境を悪化させるので必ず洗髪後はドライヤーなどで完全に乾かしましょう。

 

 

 

またシャンプー後のすすぎ洗いはシャンプー液が残らないように洗い流しましょう。よくある勘違いでは育毛系シャンプーを使うとその成分を洗い流すのがもったいないと考えて完全に洗い流さないで終わらせる事がありますが、そのような洗い方では頭皮に残った成分から雑菌が繁殖します。

 

 

育毛シャンプーの目的は頭皮に刺激を与えないで毛穴の汚れを取り、頭皮環境全体を健全にする事です。
頭皮に薬液を浸透させて育毛を促すのは育毛シャンプーではなくて「育毛剤」の役割になります。
頭皮環境が健全になった場合に「育毛剤」を使用すると驚くほどの効果が得られます。まずは頭皮環境を健全に衛生的に保つ事が大切です。

 

 

 

 

 

 

睡眠時間と睡眠の質による予防

爪や髪の毛の成長やを促進するホルモンの「成長ホルモン」は就寝してから約3時間後に最も活性化を始めます。長い睡眠はその活性化された成長ホルモンの影響を長く受ける事が出来ますので長い睡眠時間は髪の毛の成長を促進します。

 

 

また、髪の毛を実際に作る細胞である「毛母細胞」は夜の22時から24時の間で最も活性化すると言われています。
理想としては22時(夜10時)には就寝状態にあるのが理想です。そして総合して8時間以上の睡眠が最も髪の毛に良い影響を与える睡眠時間になります。
この事から「早寝早起きは髪の毛にも得である」とも言えますね^^。

 

 

睡眠の質についても髪の毛の影響との関係があります。
それは質が高い睡眠だと「成長ホルモン」がより活性化するからです。寝る前にスマホやパソコンなどのブルーライトを長時間浴びた後の睡眠だと睡眠の質が下がると言われています。
睡眠の質を上げるには、寝る前の軽い運動がより質の高い深い睡眠に繋がります。

 

 

 

食生活による予防

髪の毛は栄養素によって作られています。その栄養素は人間が口から摂取する食べ物です。
髪の毛の生成に必要な成分が入っている食べ物がおろそかになると当然抜け毛に発展します。

 

 

髪の毛の生成に必要な主要成分は「ケラチン」と言われるたんぱく質の1種が挙げられます。
また、単独でケラチンのみを摂取しても意味がないのはこのたんぱく質は単体で髪の毛に栄養を与えるのではなく、合成されなければならないからです。
合成に必要な成分がビタミンミネラルの成分です。

 

 

 

偏った食生活だとこれらの成分がバランスよく摂取出来ません。様々な食べ物をバランス良く摂取していれば特に偏る事がないはずです。
もし髪の毛の栄養元の摂取がおろそかだと感じる場合はそのほとんどがコンビニ食やファーストフード食、インスタント系食品で食事を済ませている人ではないでしょうか。

 

 

食べ物での抜け毛については「抜け毛予防・抜け毛を減らす食事」ページに詳細を記載しています。

 

 

過度な飲酒と喫煙を止める事での予防

飲酒と喫煙を習慣的にしている場合は抜け毛が促進される可能性が高いです。
喫煙はたばこに入っているニコチン成分が血管を収縮させる作用があります。この為に血行不良になります。
血行不良になれば、当然ですが、髪の毛の栄養素を毛母細胞に伝える事が出来なくなり髪の毛の生成が阻害されます。

 

 

 

しかし飲酒はよく血行促進作用があると言われますが、飲酒がなぜ抜け毛を促進させてしまうのか?
これは過度なアルコールによって「肝機能低下」「ビタミンBの減少」が起きてしまうからです。

 

 

 

アルコールは肝臓で分解されますが、アルコールの量が増えると分解処理能力が落ちてしまい肝機能自体が低下してしまいます。
肝臓では髪の毛に必要なたんぱく質を作っていますが、この機能も低下する為に抜け毛まで発展します。

 

 

過度なアルコール摂取のもう一つの抜け毛促進作用は「ビタミンB」の減少です。アルコールを分解するのにビタミンBを使います。
過度なアルコールの場合ビタミンBを大量に使う事になるので、ビタミンBが体内から少なくなります。

 

 

このビタミンBが少なくなると皮膚の代謝機能が弱まり皮脂腺が大きくなりそこから皮脂が異常分泌します。
頭皮に皮脂が多くなると頭皮環境が悪化して毛穴に汚れが詰まったり、血行不良になります。そこから抜け毛に発展するのです。

 

 

ストレスを溜めない事での予防

ストレスは身体全体に悪影響を及ぼす事は知られています。そんな悪影響の中に「抜け毛」もその1つとしてあります。
ストレスが長期間溜まる事で交感神経と言われる神経が緊張状態になり乱れます。

 

 

この交感神経が乱れると血流が悪くなり、血行不良の為に栄養分が頭皮に届かない状態に陥ります。結果的に髪の毛が細くなり、次第に抜けると言った症状が出ます。

 

 

この場合は抜け毛の原因のうちの1つでもありますが、過度のストレスが極端に溜まる事で病気である「円形脱毛症」を発症する可能性もあります。
病気である「円形脱毛症」の場合はストレスが無くなれば自然と改善されます。

 

髪の毛のカラーリング・パーマ薬剤の軽減による予防

市販の商品でもカラーリング剤の他にパーマ剤なども売られています。このような薬剤は頭皮に強い刺激を与える為、頭皮が弱い場合には炎症や頭皮環境の悪化を招きます。
頭皮環境が悪化すれば毛根も弱まり抜け毛が促進されてしまいます。

 

 

男性でも美容院などで美容院のスタッフに相談して出来るだけ頭皮に刺激が少ないタイプのパーマやカラーリングの薬剤で対応してもらいましょう。
1番はこのような薬剤は使わない事です^^。

 

 

抜け毛症状が進んでいる場合は別対策も!


男性の場合の抜け毛の原因の多くはこの7点と男性ホルモンとの関係で総合的に絡み合い抜け毛が発生します。
まだ抜け毛が多く生じていないなら上記の改善対策のみで抜け毛は防ぐ事が出来ます。
抜け毛が発生していない人は「予防」としての効果があります。

 

 

 

すでに頭皮が目立つくらいに抜け毛が生じている人はこの5点の項目に注意した生活を送りながら、さらに男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」対策も必要になります。
ジヒドロテストステロンを生成させる5αリダクターゼと言う還元酵素を阻害する成分が現在は見つかっています。

 

 

 

そのような男性ホルモンを抑制させる成分が入った「育毛剤」や「育毛商品」を平行して使うと「予防」ではなく「発毛」も視野に入れた「育毛」が出来ます。
抜け毛が酷い場合は育毛商品なども使って対処しましょう!

 

男性ホルモン抑制成分配合の育毛剤 ブブカ(BUBKA)育毛剤

 

育毛商品ランキング情報!

男性の育毛商品のランキング 女性の育毛商品のランキング